トップページ > 観光 - 歴史探訪・スポット

歴史探訪・スポット

愛知川びんてまりの館

愛知川びんてまりの館

全国でも数か所でしか作られていないびん細工手まり。心ある人にはまるく(家庭円満)中がよく(仲良く)見えるなどと、新築祝いや嫁入り道具などに喜ばれています。愛知川地域に古くから伝わるこの不思議で美しい工芸品の魅力を紹介しています。

愛知川駅コミュニティハウス「るーぶる愛知川」

愛知川駅コミュニティハウス「るーぶる愛知川」

近江鉄道愛知川駅の駅舎と併設された、町の施設で、駅ギャラリー・郷土物産展示コーナー・物産販売コーナーからなります。駅ギャラリーでは、作家の思いが伝わるような味のある作品を展示しています。郷土物産展示コーナーでは地元自慢の物産を展示しています。また、物産販売コーナーでは、唯一「びん細工手まり」を販売し、他の郷土物産も販売しています。

明治天皇御座所

明治天皇御座所

明治天皇がお小休されたことで有名な竹平樓は、江戸時代の宝暦8年、中山道宿場町の愛知川で初代平八が竹の子屋の屋号で旅籠を創業したのがはじまりです。3代目平八のとき明治天皇の北陸東山道御巡行がありその際お小休されるということで建てられたのが現在の竹平樓の御座所です。部屋の間取りや建て方が特徴的なので、一見の価値があります。また素材の良さが生きています。建築後、約120年たってもくるいがないほどなのです。明治天皇の御座所ということで、戦前までは史蹟として扱われましたが戦後になって解除され、現在は個人で大切に保存されています。 そこで今、まちでは文化財としての指定を検討しています。

「旭日」酒蔵

「旭日」酒蔵

今ではほとんど見ることのできなくなった総けやき造りの酒蔵を持つのがここ藤居本家です。宮中献上の栄をたまわる新嘗祭の御神酒をはじめ全国地酒百選に選ばれた「旭日」の醸造元。醸造工程を見学した後は、きき酒コーナーでの試飲はいかが?

宇曽川ダム

宇曽川ダム

自然との共生を考えて造られたロックフィルダムで、周辺には湖東三山自然歩道が整備されています。

宇曽川渓谷

宇曽川渓谷

豊かな自然が息づき、湖東平野が一望でき、森林浴や自然観察に最適です。

山比古湧水(やまびこゆうすい)

山比古湧水

金剛輪寺から3km東の「観世音菩薩の滝」に至る途中にあり、伝説の残る美しい湧水です。

岩倉川のゲンジボタル

岩倉川のゲンジボタル

宇曽川の支流となる岩倉川は、年間を通じて安定した水量があり、河川内も中州、寄州など自然の姿のまま残されている。この為、河川内の生き物の種類も多く特に、6月初めに出現するゲンジボタルは、見事である。湖北の天野川に劣らぬホタルの乱舞は、初夏のひとときを幽玄の世界へ誘ってくれる。

軽野湧水(かるのゆうすい)

軽野湧水

鈴鹿山系から、地下水としてくぐってきた水が、ここ軽野で湧水として出ている。水脈が地表近くであり、噴出するほどの圧力は無いが、湧き出す個所が、7箇所近くあり古来より住民の方達の生活用水として使われている。水温も年間を通じて12度を保ち、湧水地独特のミズハコベ、カワモズクの水生植物、平地では珍しいハンノキ林、カラコギカエデなどが見られる。

金剛苑(こんごうえん)

金剛苑

手おりの里金剛苑はびわ湖の東、鈴鹿の山裾に拓ける歴史と自然が見事に調和する湖東三山の中心にあります。5千坪の広い苑内には資料館、金剛庵、染色工房、蚕室、庭園、桑園を配し伝統的工芸品、近江上布秦荘紬の資料の保存、技術・技法の伝承と四季の花木、麻、藍の栽培、家蚕、天蚕の飼育等、糸から織物が出来るまでの過程を見て頂き正藍の結び染の体験、糸染めから高機を用いての絣織の技術指導等、広く皆様の見学研修の場としてご活用頂けます。

愛荘町歴史文化博物館

愛荘町歴史文化博物館

湖東三山を中心とした宗教文化、古代豪族「依智秦氏」、そして湖東地方の歴史文化などを紹介しています。収蔵品の一つ「金銅造聖観音坐像」のレプリカは、現在、像を収蔵するボストン美術館まで出向いて制作されたものです。

郷土の偉人館・西澤眞蔵記念館

郷土の偉人館・西澤眞蔵記念館

西澤眞蔵生家を復元整備。西澤眞蔵をはじめ、各分野に偉大な足跡を残した郷土の偉人の業績もあわせ展示紹介しています

このページのトップへ